早漏改善には治療薬以外にも方法があります。こちらでは改善方法についてと治療薬との比較について説明しています。

医薬品以外で早漏を改善する方法について

トレーニング法

医薬品を使った方法以外にも早漏を改善出来る方法はあります。
特に用意するものはなく誰でも今日から始めることの出来る簡単なトレーニング法になりますので下記を参考にしてみてください。

【セマンズ法】
早漏を治すには様々な方法があり、古典的な方法から都市伝説の様な方法、あるいは薬剤を使用して治療するという方法等があります。
まずパートナーの協力が必須となるセマンズ法です。
まず最初にパートナーにペニスを刺激して貰い射精しそうになったらその刺激を止めます。
その間、射精する感覚が弱まるのを待ちます。
そしてまたペニスへの刺激をして貰うという事を4回繰り返して最後に射精します。
次に女性上位でのトレーニングになります。
今度は手ではなく実際に膣内に挿入し、騎乗位で女性が腰を動かし、上記と同様に繰り返します。
そして最後は正常位でのトレーニングになり、これは女性ではなく男性が腰を動かします。
これを繰り返すことにより射精を我慢することが出来るようになり、射精までの時間を引き延ばすことが出来るようになります。

【スクイーズ法】
セマンズ法と理論は似ていますが、こちらは自分一人で行う行為になります。
やり方としてはオナニーの最中、射精しそうになったら亀頭の先を抑えつけることで射精しないようにします。
これを何度か繰り返し行います。
そうすると自然と射精への快感を我慢することが出来るようになり、早漏を防止することが出来るようになります。
もしパートナーがいる場合には自分ではなく相手にやってもらうとより効果的になります。また手ではなくオナホールと言ったオナニー補助グッズを利用し、より女性の膣内を感じられるものでトレーニングすることにより、我慢できるようになります。

トレーニング法とポゼットの比較

スクイーズ法で早漏防止をするよりポゼットを服用することによって早漏を防止することの良い点としては、まず、ポゼットを服用する方が手軽で確かな効果を得やすい方法であるということが挙げられるでしょう。

スクイーズ法の場合は、性器に性的な刺激を与え、射精しそうだと感じたら刺激を与えるのをやめて、性器を圧迫し、射精しそうな感覚が鎮まるのを待つ、という一連の流れを何度も繰り返すことになるので手間がかかります。
また、スクイーズ法の効果が実感できるのは、その一連の流れの繰り返しの中で、射精を我慢する感覚を自分で体得できた場合のみです。

その点、ポゼットを服用する方法の場合には、錠剤を飲み下すだけでいいので手間がかかることがないですし、錠剤内のダポキセチンという成分が脳内の神経伝達物質に働きかけて自然に射精へと至りにくい状態に身体を導いてくれるので、個人の努力に左右されることなく効果が発揮されると期待できます。
また、性的な快感をたっぷりと味わえるという点も、スクイーズ法よりポゼットで早漏を防止することの良い点として挙げられるでしょう。

スクイーズ法の場合は、快感の波が押し寄せてきたら射精しないために性的刺激を与えるのをストップさせなくてはいけないので、思う存分快感を味わうわけにはいきません。
その点、ポゼットの場合、ダポキセチンのおかげでちょっとやそっとの快感の波では射精に至ることはありませんので、気にせず刺激を続けることができます。
そうして、十分に快感が高まった段階でやっと射精に至ることになるので、それまでの間、しっかりと快感を味わうことが可能になるのです。

薬個人輸入代行

top